記事一覧

ロレックスの「デイトジャスト 31」

ロレックス(ROLEX)から、「オイスター パーペチュアル デイトジャスト 31」の新しいホワイトロレゾールモデルが登場する。

高機能と流行に左右されないデザインを兼ね備える「デイトジャスト」

高機能と、流行に左右されないデザインを兼ね備えるロレックスの「デイトジャスト」は、クラシックウォッチの典型とも言えるモデル。1945年、ダイアルの3時位置の小窓に日付を表示する初の自動巻防水クロノメーター腕時計として誕生した。

ホワイトロレゾールの新モデル

その「デイトジャスト」のラインナップから登場する新作は、ロレックスの象徴とも言えるロレゾールモデルだ。ロレゾールとは、18ct ゴールドとオイスタースチールのコンビネーションからなるモデルのこと。1933年にその名が登録されて以来、ロレックスウォッチの特徴となっている。


18ct ゴールドの種類によってその呼び名は異なり、今回の新作は、18ct ホワイトゴールドのホワイトロレゾールを採用。ベゼルに18ct ホワイトゴールを使用し、リューズ、ミドルケース、ブレスレットとクラスプにはオイスタースチールを用いている。46個のブリリアントカットダイヤモンドを配したラグジュアリーなオーベルジーヌダイアルのモデルをはじめ、多くのバリエーションが発表された。


ブレスレットは、3列リンクのオイスターブレスレット、またはしなやかで快適な5列リンクのジュビリーブレスレット。オイスターブレスレットは、ブレスレットの長さを約5mm延長することができるイージーリンクを備えている。ジュビリーブレスレットには、エレガントなコンシールドタイプのクラウンクラスプを採用している。